コンテンツにスキップする

中国人民元:上昇、今週の上げ幅を維持-当局の元高容認観測で

23日の外国為替市場で、中国の人 民元はドルに対し上昇。他のアジア通貨が下落する中、今週の上げ幅 を維持している。中国人民銀行(中央銀行)がインフレ抑制に向けて 元高を容認するとの観測が背景。

20億ドル(約1800億円)規模のテンプルトン・エマージング・ マーケッツ・ボンド・ファンドを運用するマイケル・ヘイセンスタブ 氏は「人民元の弾力性強化と元高で最も得をするのは中国だ」と述べ、 「こうした動きは人民元の一層の国際化を促し、輸出に過度に依存し た経済のバランス調整を支援し、インフレ抑制につながるだろう」と 語った。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、上海時間午 前10時10分(日本時間同11時10分)現在、元の現物相場は前日比

0.05% 高の1ドル=6.8103元。今週に入り0.23%上昇している。1 年物の元先物(ノンデリバラブル・フォワード、NDF)は1ドル=

6.6474元で、今後1年で現物相場が2.4%上昇するとの予想を織り込 んでいる。前日は6.6463元だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE