コンテンツにスキップする

NTTデ株が1年8カ月ぶり下落率、贈賄容疑で社員が逮捕(Update1

システム構築国内2位のNTTデ ータ株が一時、前日比13%安の33万3000円と急落。日中下落率は2008 年10月31日に記録した13.5%以来、1年8カ月ぶりの大きさ。22 日に、同社社員が特許庁職員への贈賄容疑で逮捕されたことが悪材料 視され、売りが膨らんだ。午前10時43分時点で、日経平均株価の下 落寄与度でトップ

同社は22日夜、逮捕は「誠に遺憾であり、警察当局の捜査に全面 的に協力する」とのコメントを発表した。23日付の読売新聞朝刊など によると、逮捕された同社社員は特許庁発注のシステム設計開発事業 落札のため、2005年から09年にかけて同庁職員に約70回にわたり、 タクシーチケット代金などとして2百数十万円を渡していた疑い。

クレディ・スイス証券の森本展正アナリストは、業績面で「大き なダメージは考えにくく、株価は過剰反応したのでは」と指摘。また、 「前例からして不祥事が起きた企業は新規案件入札で指名停止となる 可能性がある」が、すでに落札した案件まで取り消される公算は低い と述べた。

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京 駅義則 Yoshinori Eki +81-3-3201-3422 yeki@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先:

大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 東京 Young-Sam Cho +81-3-3201-3882 ycho2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE