コンテンツにスキップする

ハニーズ株2年ぶり高値、流行のダンガリー好調-業績超過

女性向けカジュアルウエアの企 画・製造・販売を行うハニーズの株価が2年ぶりの高値を更新した。年 末年始商戦や春物商戦が安定的に推移したことから、前期(2010年5 月期)業績が従来計画を超過したもよう、と発表した。アナリスト予想 をも上回ったため、好業績を評価した買いが優勢だ。

午前9時54分現在の株価は前日比2.7%高の1176円。一時7.4% 高の1230円まで上げ、08年6月12日以来の高値を更新した。

前期の連結純利益は17億5800万円になったもよう。従来予想の 12億5000万円、ブルームバーグ・データに登録された2人のアナリス トの予想平均値14億7500万円を大きく上回った。第2四半期までは個 人消費の低迷の影響などで厳しい状況が続いたが、第3四半期以降に持 ち直した。前期の既存店売上高は前の期の90.4%。当初計画の89%を やや超過した。

これまでは「ユニクロ」に代表される機能性を重視したベーシック な商品の企画・販売に主軸を置いてきたが、昨年秋口よりトレンドを重 視した商品企画にも注力し、既存店の活性化につながった。やや価格帯 が高いダンガリーシャツなどが売れ筋という。経営企画室の村上広明氏 は「これまでは商品のバランスを一方向に傾け過ぎていた」と話してい る。同社は7月6日に今期(11年5月期)の業績予想を発表する予定。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE