コンテンツにスキップする

JPモルガン:上級幹部の人事刷新、海外強化-後継CEO育成の一環

米銀JPモルガン・チェースの ジェイミー・ダイモン(54)最高経営責任者(CEO)は、長年の側 近、ハイディ・ミラー氏(57)を、海外事業拡大に向けた新設のポス ト、JPモルガン・インターナショナル社長に指名した。ダイモンC EOの退任後をにらみ後継者を育てる取り組みの一環でもある。

トレジュアリー・アンド・セキュリティーズ・サービシズ部門の 執行副社長を務めていたミラー氏の後任にはマイケル・カバナ(44) 最高財務責任者(CFO)が就く。CFO職の後任は米州投資銀行責 任者のダグラス・ブラウンシュタイン氏(49)。同行が22日発表し た。

ダイモンCEOは3月に株主らに、後継者育成に向けて上級経営 陣を多様な事業部門の間で異動させる方針を明らかにしていた。ミラ ー氏はトラベラーズ・グループに始まりシティグループ、バンク・ワ ン、JPモルガンでほぼ20年にわたり、ダイモン氏とともに働いて きた。

ダイモン氏についての著書のあるダフ・マクドナルド氏はミラー 氏について、「ダイモン氏とにらみ合って勝つ力のある女性だ」とし、 ダイモン氏が権限の幅広い新設ポストにミラー氏を指名したことに、 誰も驚かないだろう」と語った。

今回の人事により、事業部門トップの経験のないカバナ氏は次期 CEO候補として経験を積むことができる。一方のブラウンシュタイ ン氏はJPモルガンきってのディールメーカー。JPモルガンによる バンク・ワン買収やベアー・スターンズ買収でも貢献した。

ミラー氏は中国、ブラジル、インド、ロシアなどの新興市場での 事業拡大に注力する。レイモンド・ジェームズ・アンド・アソシエー ツの銀行業界アナリスト、アンソニー・ポリニ氏は、JPモルガンは これらの市場で米シティグループと競い合うことになる指摘。「シテ ィが現在抑えているより大きなパイのかけらを奪うための重要な部署 だ」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE