コンテンツにスキップする

5月の米中古住宅販売:年率566万戸に減少、価格は上昇

5月の中古住宅販売は予想に反し て前月比で減少した。政府が導入した住宅購入者向けの優遇措置を利 用するには4月末までに契約書にサインし、6月末までに手続きを完 了する必要があることから、需要が先食いされた可能性がある。

全米不動産業者協会(NAR)が発表した5月の中古住宅販売件 数 (季節調整済み、年換算、以下同じ)は前月比2.2%減の566万 戸となった。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト調査 の予想中央値は612万戸への増加だった。前月は579万戸と、速報 値(577万戸)から修正された。

前年同月比で比べると中古住宅販売は季節調整前のベースで 18%増加した。中古住宅価格(中央値)は17万9600ドルと前年か らは2.7%上昇した。

5月の中古住宅販売在庫は3.4%減少して389万戸。販売に対 する在庫比率は8.3カ月。前月は8.4カ月だった。

レイモンド・ジェームズ・アンド・アソシエーツのチーフエコノ ミスト、スコット・ブラウン氏は「この先数カ月間の販売はかなり軟 調だろう」と述べ、「最終的には住宅市場の持続的な回復をみるには 雇用の伸びが必要だ」と指摘した。

クしてご覧ください。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE