コンテンツにスキップする

英国:財政赤字削減で銀行課税と増税実施へ-緊急予算案

英キャメロン政権は22日、銀 行への課税や付加価値税(VAT)引き上げを盛り込んだ大規模な 財政赤字削減の緊急予算案を打ち出した。景気回復を妨げることな く英国の最上級格付けの維持を目指す。

オズボーン財務相は、英国の経済成長率が今年1.2%、2011 年が2.3%となるとの予測を明らかにした。発表された緊急予算案 には、公務員給与の2年間据え置きや児童手当の凍結、住宅手当の 削減などの措置が含まれる。また、キャピタルゲイン(資産譲渡益) 課税の税率を引き上げる一方で、法人税率は引き下げる。

同相は、政権発足から6週間で歳出削減・増税を組み合わせた 案を発表するに際し、「この予算を避けることはできない。すべての 国民に貢献を求める内容の予算だ」と語った。

20カ国・地域(G20)中で最大水準の財政赤字の削減に向け た取り組みは、キャメロン首相の保守党と自由民主党との連立の耐 久力と、労働組合の反対の強さを試すことになりそうだ。キャメロ ン首相が初めて望む首脳会議となるG20サミットで、成長重視を訴 える米オバマ大統領との摩擦の火種にもなる。

1886年以来で最年少の英財務相となったオズボーン氏(39) は、昨会計年度に対国内総生産(GDP)比で11%に達した財政赤 字の解消に挑む。格付け会社フィッチ・レーティングスは今月8日、 英国が赤字削減を加速させなければ、「AAA」の最上級格付けを失 う可能性があると指摘していた。

オズボーン財務相の緊急予算は、構造的な財政赤字を2015年 までに解消することを目指す。純借入額は14年までに国内総生産 (GDP)の70%でピークに達する。同相は政府が成長と財政再建 のいずれかを選ばなければならないという指摘に対しては「偽りの 選択肢だ」とこれを却下した。

財政赤字削減

オズボーン財務相は、全体で年間300億ポンド(約4兆円)の 歳出を削減する。福利厚生費は110億ポンド減らす。一方で、VA Tの税率を現行の17.5%から来年1月に20%へと引き上げること で2015年の議会会期末までに年間130億ドルの税収増を確保する。

また、来年から銀行のバランスシートに対する課税を開始する ことで年間20億ポンドの税収を見込む。税率は来年が0.04%、そ の後0.07%に引き上げる。英国の銀行に加え、英国内で営業する 外国銀行の子会社や支店も課税対象となる。

一方、投資と雇用の拡大に向けて法人税率は今後4年で現行水 準から4ポイント引き下げて24%とする。雇用主に従業員の社会保 障保険料の拠出を義務付ける最低給与水準は引き上げる。

課税最低限を引き上げ

歳出削減によって一般市民に過度の苦渋を強いることはないと 有権者に納得させるため、緊急予算案には所得税が課される所得の 上限を1000ポンド引き上げ7475ポンドとする措置も盛り込まれ た。これに伴い88万人の低所得層が税を免除される。学校や病院 建設などのインフラ投資は削減しない。基礎年金の給付額は物価で はなく収入に連動するように変更された。

オズボーン財務相は、失業率が今年8.1%でピークに達した後、 15年には6.1%まで低下するとの予想も示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE