コンテンツにスキップする

インド株(終了):2週間ぶりの大幅安、リスク回避で-金属株安い

インド株式相場は2週間ぶり大 幅安となった。格付け会社フィッチ・レーティングスが仏銀BNPパ リバを格下げしたほか、スタンダード・アンド・プアーズ(S&P) がスペインの金融機関が困難に直面しているとの見方を示したことを 受け、高リスク資産から資金を引き揚げる動きが広がった。

銅・亜鉛生産でインド最大手のスターライト・インダストリーズ は2.3%安。金属相場の下落が売り材料。売り上げのうち20%を欧 州から得ているソフトウエア輸出でインド3位のウィプロは約1カ月 ぶりの大幅安。フィッチはBNPパリバの長期信用格付けを引き下げ たほか、S&Pはスペインの経済成長率見通しを下方修正した。

ボンベイ証券取引所のセンセックス指数は前日比126.86ポイ ント(0.7%)安の17749.69と、8日以来で最大の値下がりとな った。

スターライト(STLT IN)の終値は178.70ルピー。ウィプロ (WPRO IN )は2.2%下げ406.40ルピーで終了。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE