コンテンツにスキップする

日産自や富士康国際、中国工場のライン自動化加速-賃上げや元高で

中国の最低賃金に関する新法や人 民元の対ドル相場固定の解除、労働者によるストライキは、ホンダや トヨタ自動車の中国生産に影響を及ぼしているが、こうした動きは珠 江デルタ地帯の生産コスト増加を招くとともに、組み立てライン自動 化の加速につながっている。

台湾の鴻海精密工業の中国子会社、富士康国際(フォックスコン) や日産自動車の中国合弁会社、それに家電メーカーのVテック・ホー ルディングス(偉易達集団)は、人的労働力への依存度を低減するた め工場設備に投資しているという。香港貿易発展局が実施した調査に よれば、「世界の工場」と呼ばれてきた珠江デルタ地帯の賃金はここ半 年で17%上昇した。

中国が米ドルに対する人民元の相場固定を2年ぶりに終了する方 針を示したことで、同国の工場経営者は元上昇に伴う収益性低下に直 面している。モルガン・スタンレーが今月公表した試算によると、人 件費は対国内総生産(GDP)比で現行の15%から今後10年で30% に膨らむ可能性がある。

工場経営者に中国の労働慣行について助言しているINFACT グローバル・パートナーズのマネジングディレクター、イアン・スポ ールディング氏(香港在勤)は「各工場は生産の進め方について真剣 に検討する必要がある」と指摘。「競争力維持のために生産性を高めな ければならない」と述べた。

ブルームバーグがまとめたデータによれば、中国本土株の指標、 上海総合指数に採用されている企業の労働者1人当たりの売上高は、 米S&P500種株価指数を構成する企業の3分の1にとどまっている。

-- With assistance from Stephanie Wong in Zhongshan; Naoko Fujimura, Mariko Yasu, Maki Shiraki in Tokyo; Tim Culpan in Taipei; Wendy Leung in Hong Kong and Liza Lin in Singapore. Editors: Michael Tighe, Young-Sam Cho

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-8141 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor: Fumihiko Kasahara 記事に関する記者への問い合わせ先: Mark Lee in Hong Kong at +852-2977-6909 or wlee37@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Young-Sam Cho at +81-3-3201-3882 or ycho2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE