コンテンツにスキップする

タレット・プレボンCEOが自社株など売却、増税回避-ガーディアン

ロンドンのディーラー間ブローカ ー、タレット・プレボンのテリー・スミス最高経営責任者(CEO) は、英国のキャピタルゲイン税引き上げを見込み、この影響を避ける ため4000万ポンド(約53億5800万円)相当の株式を信託に売却した。 英紙ガーディアン(オンライン版)が報じた。

同紙は、オズボーン英財務相がこの日発表する緊急予算案で、キ ャピタルゲイン税率を現行の18%から40-50%に引き上げる可能性 があると指摘した。

同紙によると、スミス氏はタレット・プレボンと株式ブローカー、 コリンズ・スチュアートの株式を自身が「財産譲渡者で単一の受益者」 である信託に売却した。従って、同氏は両社への持ち分を減らすこと なくキャピタルゲインを確保したと同紙は税務専門家の話を基に報じ た。

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: アムステルダム 木下 晶代 Akiyo Kinoshita +31-20-589-8544 akinoshita2@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Alan Purkiss at +44-20-7330-7760 or apurkiss@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE