コンテンツにスキップする

中国株(終了):上海総合指数が月初来高値-消費関連株が主導

22日の中国株式市場では、上海総 合指数が月初来の高値に上昇。人民元上昇で内需が拡大するとともに、 製造業者にとって原材料の輸入コストが低下するとの見方が広がった。

中国国内の乗用車生産で独フォルクスワーゲン(VW)と提携す る一汽轎車(FAW、000800 CH)は2.2%高。人民元の上昇により消 費者の購買力が高まるとの観測が好感された。輸入コストの低下見通 しを背景に、宝山鋼鉄(600019 CH)が鉄鋼株の上げを主導した。

一方、上場不動産開発会社として中国最大の万科企業(000002 CH) を中心に一部の不動産開発株は値下がり。中国国家発展改革委員会(発 改委)が、同国の都市で不動産価格が下落するとの見通しを示したこ とが響いた。また、中国南方航空(600029 CH)は1.2%、中国国際航 空(601111 CH)も1.5%それぞれ下落した。

上海リバー・ファンド・マネジメントのファンドマネジャー、チ ャン・リン氏は「中国政府が内需拡大に向けて人民元の動きを利用し ていることから、内需関連株は全般をアウトパフォームする可能性が ある」と指摘した。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動す る上海総合指数は前日比2.49ポイント(0.1%)高の2588.70と、上 下動を繰り返した後、5月31日以来の高値で取引を終えた。上海、深 セン両証取のA株に連動するCSI300指数は同0.1%高の2783.72。

-- Zhang Shidong. With assistance from Chan Tien Hin in Kuala Lumpur. Editors: Allen Wan, Richard Frost

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo 記事に関する記者への問い合わせ先: Zhang Shidong in Shanghai at +86-21-6104-7014 or szhang5@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Linus Chua at +65-6212-1530 or lchua@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE