コンテンツにスキップする

上海市:外国企業の株式公開・社債発行を認可へ

中国の上海市は、外国企業による 株式公開と社債発行を同市の金融市場で認める準備を進めている。上 海市当局が声明を発表した。

中国政府が2020年までに世界の金融センターとなることを目標 に設定した上海市は、49兆5000億元(約660兆円)に上る企業と家 計の貯蓄の活用を目指して、投資商品を売り出している。

米ゴールドマン・サックス・グループは22日付リポートで、中国 の国内債券市場は米国や日本と比べて「かなり小規模」と指摘。

同社のアナリスト、クリストファー・イオヤン氏、ジェーソン・ リュー氏らは、国内債券市場の拡大は、地方自治体に代替資金源への アクセスを提供して銀行融資への依存度を低減することを通じ、中国 の利益になると述べた。

中国では5年前、アジア開発銀行(ADB)と世界銀行傘下の国 際金融公社(IFC)が国際金融機関として初めて元建て外債「パン ダ債」を発行したものの、外国企業による起債はなお制限されている。

-- Stephanie Wong, Allen Wan. With assistance from Henry Sanderson in Beijing, Hanny Wan in Hong Kong and Zhang Shidong in Shanghai. Editors: Allen Wan, Linus Chua

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-8141 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo 東京 笠原文彦  Fumihiko Kasahara  +81-3-3201-3761 fkasahara@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Allen Wan at +86-21-6104-7041 or awan3@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE