コンテンツにスキップする

中国の消費・インフラ株を推奨、為替政策変更で-プリンシパルCEO

米資産運用会社プリンシパル・グ ローバル・インベスターズのジェームズ・マコーガン最高経営責任者 (CEO)は投資家に対し、中国の消費・インフラ株を推奨した。中 国が人民元相場をドルに実質固定する措置を廃止したことは、国内消 費拡大を目指す同国政府の決意を示唆していると説明した。

マコーガンCEOは22日、ブルームバーグのクアラルンプール 支局でインタビューに応じ、中国の為替政策変更は「政府が進めてい る輸出主導型からより内需主導型への経済構造転換の一貫したプロセ スの一部だ」と指摘。「インフラ関連であれ、消費者関連であれ、内 需株を選好すべきだ」と述べた。

また、中国市場について、「短期的には変動しやすいものの、長期 では中国市場が好ましい」との見方を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE