コンテンツにスキップする

中国の電力需要、15年には09年比63%増の公算-国家電力監管委

世界2位のエネルギー消費国で ある中国の電力需要は、経済成長に伴い2009年から15年にかけて 63%増加する可能性がある。中国国家電力監管委員会(SERC)が 22日、明らかにした。

同委員会がウェブサイトに掲載した資料によると、中国の電力消 費は15年に5兆8600億キロワット時に達する見込み。国家能源局 (NEA)が1月6日に公表したデータによれば、09年の同国電力消 費量は3兆6000億キロワット時。

資料によれば、中国のエネルギー消費量は石炭換算で15年には 42億トン相当、20年には50億トン相当になる可能性がある。また、 発電容量は15年に13億5000万キロワットに達する見通しだという。

-- Editors: Ang Bee Lin, Jane Lee

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-8141 Ywakabayash1@bloomberg.net  Editor:Masashi Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: Baizhen Chua in Beijing at +86-10-6649-7561 or bchua14@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Jane Lee at +603-2302-7855 or jalee@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE