コンテンツにスキップする

野田財務相:中期フレーム踏まえ予算編成-G20でも説明へ

野田佳彦財務相は22日午前の閣 議後会見で、同日政府が決定した財政運営戦略、中期財政フレームに 沿った「整合性のある予算編成」に取り組む考えを示すとともに、早 急に新たな概算要求の枠組みを検討するとした。

また、今週カナダ・トロントで開催される20カ国・地域(G20) 首脳会議でも日本の財政健全化目標を説明し、「各国や市場の信認を 獲得する努力したい」と言明。そのうえで、「日本の新成長戦略も含 めて説明すれば理解をいただけると思う。日本の取り組みが1つの参 考となる要素は十分ある」との認識を示した。

一方で、カナダのハーパー首相がG20参加国に2013年までに財 政赤字を半減させる目標を提案したことを受け、「各国の事情がある。 それぞれの国の取り組みがしっかり説明され、理解されることになる。 日本の立場をしっかりと主張したい」と述べた。

さらに「財政赤字の原因がリーマン・ショック後の状況の中で生 まれた国と、構造的な側面を持った国と違いがある。そのスピード感 や、やり方にはおのずと差が出てくる」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE