コンテンツにスキップする

米アナダーコ:英BPとの補償金支払い紛争、仲裁で解決目指す可能性

米石油・ガス会社アナダーコ・ペ トロリアムは、米国史上最悪となったメキシコ湾の原油流出事故に関連 する補償金の支払いについて、英BPとの紛争を非公開手続きで解決す ることを目指す可能性がある。

BPは、原油が流出している油井の権益の25%を保有するアナダ ーコが事故関連の費用の一部を支払うべきだと主張している。一方、ア ナダーコは18日、BPの無謀な掘削方法が原因であるとして、BPが 補償金の全額を支払うべきであるとの見解を示した。アナダーコは文書 で、BPによる油井に関する決定は「重大な過失か故意に基づく違法行 為」に当たると指摘した。

アナダーコの21日の規制当局への届け出によると、油井の共同出 資に関する合意には、50万ドル(約4500万円)を上回る紛争につい ては、拘束力のある仲裁手続きを通じての解決を義務付ける条項が含ま れている。

南部テキサス法科大学(ヒューストン)のジェフ・レンズバーガー 教授(民事訴訟法)は「一見したところ、このケースは訴訟ではなく、 仲裁となりそうだ」と指摘。「一般的に、仲裁を利用した方が判断が下 されるのが速く費用も安い」との見方を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE