コンテンツにスキップする

韓国株の分類を「新興市場」に据え置き-米指数算出会社MSCI

米指数算出会社MSCIは、2 年前に引き上げ方向での見直しを開始した韓国株の分類を「新興市 場」のまま継続した。同じく引き上げ方向で見直し対象の台湾株も 「新興市場」に据え置かれた。

MSCIは昨年6月、韓国株の分類を据え置く一方、今年の見 直しで再分類の対象とする方針を示していた。同社は昨年、韓国ウ ォンの交換性は不完全であり、投資家登録制度の「硬直化」が一部 取引を困難にしているほか、リアルタイムのデータが基準を満たし ていないと指摘した。

MSCIは22日、ウェブサイトに掲載した発表文で、韓国につ いて「満たされていない基準があり、国際機関投資家は重要なアク セスをめぐる問題に関して引き続き懸念を表明している」と指摘し た。

MSCIの決定は、先進国株に投資対象が限定されている投資 家が今後も韓国株を購入できないことを意味する。英指数算出会社 FTSEグループは昨年9月、韓国市場に「先進国」の分類を付与 した。

韓国株の指標、韓国総合株価指数は、FTSEが「先進国」認 定を発表した2008年9月18日以降これまでに25%上昇。企業利益 の伸びが株価を支える一方、欧州ソブリン債危機により世界経済の 回復が行き詰まることや、北朝鮮との緊張が強まり投資が縮小する ことへの懸念が嫌気される中、今年は3.4%高となっている。

新韓BNPパリバ・アセット・マネジメントのファンドマネジ ャー、チュ・ムンソン氏(ソウル在勤)は「短期的には失望感が強 まるかもしれない」と指摘。その上で「特にFTSEが先進国に認 定して以降、韓国市場の規模や経済を踏まえて格上げを求める声が 強まっていることから、センチメントは近く安定すると思う」と語 った。

MSCIが最近、先進国に認定した国はギリシャやイスラエル など。韓国株市場の時価総額は20日現在8380億ドルと、アジア太 平洋地域で6位。1-3月期の国内総生産(GDP)は前期比2.1% 増と、予想を上回る伸びだった。GDPの規模は9290億ドル。

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net  Editor:Eiji Toshi 記事に関する記者への問い合わせ先: Zhang Shidong in Shanghai at +86-21-6104-7014 or szhang5@bloomberg.net; Ying Wang in Beijing at +86-10-6649-7562 or ywang30@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Linus Chua at +65-6212-1530 or lchua@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE