コンテンツにスキップする

【テクニカル分析】豪ドルは76円台割れも、半値戻しで上値が抑制

外為どっとコム総研はオーストラ リア・ドルが対円で年初来安値から高値までの半値戻しに当たる1豪 ドル=80円ちょうど近辺をクリアに上抜けできなかったことから、上 値の重さが意識され、76円台割れを試す可能性もあるとみている。

豪ドルは21日の取引で一時80円87銭と、5月18日以来の水 準まで上昇。4月30日に付けた年初来高値の88円6銭から、5月 21日に付けた安値の71円90銭までの下落幅の半値戻しに当たる79 円98銭をいったん上抜けていたが、22日は79円台後半に押し戻さ れて推移している。

外為どっとコム総研調査部の川畑琢也研究員は、豪ドルが前日の 終値で半値戻しの水準を下回ったことから、上昇の勢いがそがれたと 指摘。下値トライの可能性が生じているとして、目先は現在20日線 が位置する77円40銭付近が下値のめどになると説明している。

さらに、川畑氏は、豪ドルが20日線を割り込んだ場合は、5月 25日の安値と6月7日の安値を結んだトレンドラインが視野に入る とみており、75円台後半までの下落もあり得ると予想している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE