コンテンツにスキップする

OSG株2年ぶり高値、自動車生産伸び工具増加-業績増額

国内切削工具大手、オーエスジー の株価が前日比7.8%高の1150円と、2008年6月以来2年ぶりの高値 を付けた。自動車業界などで工具需要が予想以上に増えており、今期 (2010年11月期)の連結営業利益は従来予想を67%上回る見通しとな った。アナリスト予想をも上振れたうえ、配当予想も引き上げたことが 好感されている。

会社側が21日に発表した業績予想修正によると、今期の連結営業 利益は60億円(従来予想36億円)となる見通し。前期実績は27億 3500万円の赤字だった。売上高の半分を占める自動車向けを中心に金 属加工用の工具が伸び、利益を押し上げる。ブルームバーグ・データに よるアナリストの予想平均値は48億8000万円で、新たな会社予想は同 水準を23%上回る。

同社・経営企画室の鈴木信史氏は「日米欧の自動車の生産量拡大に よってドリルやタップの販売が伸びているほか、デジタル家電向けにエ ンドミル需要も増加している」と語る。会社側では上半期の営業利益予 想を19億円引き上げたが、下半期は5億円の増額にとどめた。「下半 期にある程度リスクを織り込んでいるため」と鈴木氏は話していた。

同社では、配当性向30%以上を基本方針としている。通期利益計 画の上方修正に伴い、配当予想も従来の4円から10円に引き上げた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE