コンテンツにスキップする

米SECが投資顧問会社ICP提訴-CDO関連の詐欺で

米証券取引委員会(SEC)は、 住宅市場の下降時に、米保険会社アメリカン・インターナショナル・ グループ(AIG)の保証が付いた住宅ローン担保証券の運用をめぐ る詐欺に関与したとして、米投資顧問会社ICPアセット・マネジメ ントと創業者トーマス・プライアー氏をニューヨークの米連邦地裁に 提訴した。

SECの訴状によると、プライアー氏(41)とICPは、運用し ていた債務担保証券(CDO)に代わって10億ドル(約910億円)余 りの取引を水増し価格で手掛けた。プライアー氏は不正行為を否定し ており、訴訟で争う姿勢を示した。

今回の提訴は、SECがCDO運用者を標的にした初の案件で、 米住宅市場が下落した2007年より以前に住宅ローン関連資産を取引 した企業に対する調査でSECは新しい局面を迎える可能性がある。 SECは、ICPがリスク制限規則に違反する投資を手掛けたほか、 AIGや金融保証会社(モノライン)FGICから必要な取引承認を 得なかったことで、顧客への受託者義務に違反したと主張。制裁金の 支払いと不正利得の返還を求めている。

SECのニューヨークオフィス責任者、ジョージ・カネロス 氏は「CDOは複雑だが教訓は単純だ。CDOの運用者は顧客に対し て、他のあらゆる投資アドバイザーと同じ責任を負うということだ」 とし、「顧客の信頼を損なった場合、責任を求める」と説明した。

「Triaxx」と呼ばれるCDOは主に住宅ローン担保証券に 投資していた。SECによると、ICPは、一部のCDOの資産を他 のCDOに水増し価格で売り付けることなどで、自社や一部の顧客を 優遇していた。こうした手法は、他の顧客の損失カバーや自社の手数 料収入拡大のために利用されたという。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 山口裕子 Yuko Yamaguchi +81-3-3201-8984 yuyamaguchi@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo ニューヨーク 西前明子 Akiko Nishimae +1-212-617-2601 anishimae3@bloomberg.net 記事についての記者への問い合わせ先: Zurich Joshua Gallu +1-202-624-1810 jgallu@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: Lawrence Roberts +1-202-624-1985 lroberts13@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE