コンテンツにスキップする

ブラジル株:ボベスパ指数が5週間ぶり高値、人民元弾力化で輸出期待

21日のブラジル株式市場では、指 標のボベスパ指数が5週間ぶり高値に上昇。中国が人民元の上昇容認 を示唆したことから、輸出需要の拡大期待が高まった。

鉄鉱石生産で世界最大手のヴァーレは3週間で最大の上昇率とな った。中国は同社最大の輸出市場。世界最大のパルプメーカー、フィ ブリア・セルロージは1.7%高。一方、衣料販売のロジャス・レナー など小売株が下げ、相場全体の上昇を抑えた。中国からの輸入価格上 昇が売上高に響くと懸念された。

バンコ・モダル(リオデジャネイロ)で約3億8900万ドルの運 用に携わるエドゥアルド・ロシェ氏は「この日は商品セクターが非常 に恩恵を受けている」と語り、「人民元高が需要拡大につながる可能 性がある資源株が買われるなど、当初の影響はプラスだ」と指摘した。

ボベスパ指数は前週末比0.6%高の64829.03と、5月12日以来 の高値で終了。BM&Fボベスパ小型株指数は同0.3%高の1152.95。 通貨レアルは0.2%高の1ドル=1.7688レアル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE