コンテンツにスキップする

仏BNPパリバ格下げ、長期格付け「AA-」に-フィッチ

格付け会社のフィッチ・レーティ ングスは21日、フランスの銀行BNPパリバの長期発行体デフォル ト格付け(IDR)を「AA」から「AA-」に1段階引き下げた。 同行の資産の質の「悪化」を理由に挙げた。

フィッチの発表文によれば、格付け見通しは「ステーブル(安定 的)」。AA-は投資適格級で上から4番目。

さらにフィッチは、BNPパリバが「世界的な金融危機をうまく 切り抜けた」ものの、「資産の質は2009年に顕著に悪化」し、「脆弱 (ぜいじゃく)な資産ポートフォリオのエクスポージャーを依然とし て多く抱えている」と指摘。同行はフランス内外で重要な銀行で、「必 要となれば、国が支援する可能性は極めて高い」と付け加えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE