コンテンツにスキップする

トリシェECB総裁:インフレに関する懸念「まったく根拠がない」

欧州中央銀行(ECB)のトリシ ェ総裁は、インフレの制御が不可能になるとの懸念は「まったく根拠 がない」と指摘した。

トリシェ総裁は21日、欧州議会の公聴会で、「インフレは抑制さ れていないかもしれないとの見方にはまったく根拠がない」と発言。 「それどころか、ユーロ圏のインフレ期待はわれわれの物価安定の定 義に一致して、驚くほど抑制されている」と続けた。

欧州の債務危機を受け、ECBは緊急刺激策解除の方針を転換し、 国債購入の開始を余儀なくされた。これに対して、国債購入は重債務 国の救済に等しく、インフレを誘発する恐れがあるとの批判が出てい る。ECB創設の原則の2つに違反する上、同中銀の信頼性が損なわ れるとの見方に基づいている。

トリシェ総裁は「インフレは十分に抑制されている」とした上で、 「物価安定の見通しや、長期的なインフレ期待が確実に抑制されてい ることから、ECB理事会はわれわれの金融政策スタンスと政策金利 の現行水準は適当であると判断している」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE