コンテンツにスキップする

インド株(終了):2カ月ぶり高値、新投資規制を好感-ラーセン高い

インド株式相場は2カ月ぶり高 値を付けた。政府の新たな投資規制が証券投資を促進するとの観測に 加え、中国が人民元の対ドル固定相場を緩和させる方針を示したこと で、世界的な景気回復への期待が強まった。

インド最大の民間インフラ会社、ラーセン・アンド・トゥブロは 過去2年余りの最高となった。銅・亜鉛生産でインド最大手のスター ライト・インダストリーズは1年で最大の値上がり。銅・亜鉛相場の 上昇がきっかけ。

インド政府は、生命保険会社がユニットリンク型保険を販売する ことを許可した。

ボンベイ証券取引所のセンセックス指数は前週末比305.73ポ イント(1.7%)高の17876.55と、4月9日以来の高値で終了。

ラーセン・アンド・トゥブロ(LT IN)の終値は2.1%高の

1836.35ルピーと、2008年2月以来の高値を付けた。スターライ ト(STLT IN)は7.9%高の182.90ルピー。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE