コンテンツにスキップする

独連銀:ユーロ下落が財政引き締めによる景気への影響緩和も-月報

ドイツ連邦銀行(中央銀行)は、 ユーロ下落が財政引き締めによる国内景気への影響を和らげる可能性 があるとの見解を示した。

独連銀は21日公表の月報で、「多くの国の財政調整に向けた追加 措置がユーロ圏に与える短期的な減衰効果は、下落したユーロ相場に よってある程度打ち消される公算がある」と指摘。「同時に価格をドイ ツ輸出にとっての決定的要因と見なすべきではない」とも付け加えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE