コンテンツにスキップする

ゴールドマンのオニール氏:中国の為替政策転換は「自信の表れ」

中国が米ドルに対する人民元レー トの事実上の固定相場を2年ぶりに終了する方針を示したことは、同 国が「将来に対して一段と自信を持っている」ことを示唆していると の見方を、米ゴールドマン・サックス・グループの主任グローバルエ コノミスト、ジム・オニール氏が明らかにした。

同氏は21日、ブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、 「景気回復後の状況がさらに確固としたものになっていることを中国 人が喜んでいるとみられることが根本的に重要だ」と指摘。「中国がさ らに国内志向型経済に移行していることを示している」と述べた。

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-8141 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo 記事に関する記者への問い合わせ先: Scott Hamilton in London at +44-20-7673-2976 or shamilton8@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Fergal O’Brien at +44-20-7673-2532 or fobrien@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE