コンテンツにスキップする

アジア株:MSCI指数が約7カ月ぶり大幅高-人民元の弾力性強化で

21日のアジア株式相場は上昇。 MSCIアジア太平洋指数は約7カ月ぶりの大幅高となっている。中 国当局が人民元とドルを事実上固定させる措置の終了を示唆したこと で、同国の経済成長が支えられるとの観測が広がった。

世界最大の鉱山会社、オーストラリアのBHPビリトンは2%高。 商品需要の拡大観測が好感された。ハンルン・プロパティーズ(恒隆 地産)は香港市場で3.9%上昇。人民元の上昇により、中国本土の買 い手にとって香港の不動産は割安になるとの観測が背景。世界最大の 航空会社、中国国際航空は6.5%値上がり。元高でドル建てコストが 低下するとの見方が材料視された。

AMPキャピタル・インベスターズの投資戦略責任者、シェーン・ オリバー氏(シドニー在勤)は「中国の先行きに対する自信や欧米と の貿易摩擦のリスク低減、インフレ抑制への追加的手段を示唆した今 回の動きは賢明で、経済がバランスを取り戻すことに寄与するだろう」 と述べた。

MSCIアジア太平洋指数は、日本時間午後4時9分現在、前週 末比2.8%高の119.40。昨年11月30日以来の大幅な上昇率となっ ている。日経平均株価は同242円99銭(2.4%)高の1万238円1 銭で取引を終えた。

-- With assistance from Chua Kong Ho in Shanghai, Chan Tien Hin in Kuala Lumpur, Akiko Ikeda and Anna Kitanaka in Tokyo. Editors:Darren Boey, Nick Gentle

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor:Keiko Kambara 記事に関する記者への問い合わせ先: Jonathan Burgos in Singapore at +65-6212-1156 or jburgos4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Darren Boey at +852-2977-6646 or dboey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE