コンテンツにスキップする

中国人民元、通貨バスケットが再び焦点に-BOAメリルリンチ

中国が人民元をドルに実質固定す る措置の廃止を決定したことで、同国の通貨バスケットの構成内容が 再び焦点になると、バンク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチ はみている。

香港在勤のエコノミスト、T・J・ボンド氏らのアナリストチー ムは21日、顧客向けリポートで、「中国は危機体制から脱却し、しか も大きな驚きなしにそれを実行することを示唆している」と指摘。「わ れわれの見解では、主要な変化は通貨バスケット重視だ。これはドル・ 元相場の日々の変動が一段と拡大することを示唆している」と説明し た。

ただ、人民元がドルに対して大幅に上昇するとは予想していない としている。このアナリストチームには上海在勤の為替ストラテジス ト、クリスティ・タン氏や香港在勤のエコノミスト、陸挺氏らも参加 している。

リポートはまた、「ユーロが下落すれば、人民元も対ドルで値下が りする可能性がある」と予想。「10年末時点の元相場見通しは引き続 き、現水準からそれほどかい離していない1ドル=6.80元だ」と付け 加えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE