コンテンツにスキップする

クルーグマン氏:ウェーバー氏がECB総裁ならユーロにリスク-独紙

ドイツ連邦銀行のウェーバー総裁 が欧州中央銀行(ECB)の次期総裁に就任した場合、ユーロ圏への リスクになると、ノーベル経済学賞受賞者で米プリンストン大学のポ ール・クルーグマン教授はみている。ドイツ紙ハンデルスブラット(オ ンライン版)が同教授のインタビューでの発言として報じた。

クルーグマン教授は同紙に対し、ECBが保守的な総裁を擁した 場合、ギリシャに端を発する「ドミノ効果」がスペインやポルトガル、 あるいはイタリアに及ぶ危険性はより大きくなると語ったという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE