コンテンツにスキップする

米シティCEO:EUの支援枠組み「信頼できる」-問題解決を楽観

米銀シティグループのビクラム・ パンディット最高経営責任者(CEO)は、欧州連合(EU)が決め た域内の高債務国への緊急融資の枠組みについて、各国政府が通貨ユ ーロやソブリン債危機の解決に全力に取り組んでいることを示すもの だとの認識を明らかにした。

ロシアのサンクトペテルブルクで開かれた国際経済フォーラムに 出席したパンディットCEOは19日、ブルームバーグテレビジョンと のインタビューで、欧州中央銀行(ECB)とユーロ圏諸国について、 「困難に直面する中で非常に信頼できる実質的な枠組みを示した」と 評価した。また、さらなる措置が必要との認識を表明した上で、「現状 から抜け出すための道があると信じている」と語った。

同CEOは、欧州各国政府は財政赤字問題や債務削減、一部中小 金融機関の資本増強の支援に取り組む必要がまだあるとしながらも、 欧州が問題を解決することに「極めて楽観的だ」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE