コンテンツにスキップする

インドネシア格付け見通し、「強含み」に上げ-ムーディーズ

米格付け会社ムーディーズ・イ ンベスターズ・サービスは、インドネシアの信用格付けの見通しを 引き上げた。同国の「力強い」経済成長と財政の改善を理由に挙げ ている。

21日発表した文書によれば、ムーディーズは現在「Ba2」と しているインドネシアの自国通貨建てと外貨建てのソブリン格付け 見通しを「ステーブル(安定的)」から「ポジティブ(強含み)」に 変更した。同社は昨年9月に同国の信用格付けを投資適格級から2 段階低い「Ba2」に引き上げている。

同社でインドネシアのソブリン・アナリストを務めるアニン ダ・ミトラ氏は発表文書で、「十分に検証された経済政策の枠組みで 適切に運営されている大きな国内市場が、同国の成長の中核を担っ ている」と解説した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE