コンテンツにスキップする

香港金融管理局:香港ドルの米ドル・ペッグ制、変更する必要なし

香港金融管理局(HKMA、中央 銀行に相当)は、香港ドルの米ドルに対するペッグ(連動)制を変更 する必要はないとみている。HKMAのアリス・ロー報道官が明らか にした。

ロー報道官は電話インタビューで、中国人民銀行(中央銀行)が 人民元相場を米ドルに実質固定する措置の廃止を示唆したことについ て、香港の為替制度への影響はないとの見解を示した。同報道官によ れば、香港当局は1983年に導入した米ドル・ペッグ制を「断固とし て」維持するという。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki1@bloomberg.net Editor: Aiya Shirotsuka 記事に関する記者への問い合わせ先: Sophie Leung in Hong Kong at +852-2977-6126 or sleung59@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Bloomberg News at +86-10-6649-7558 or navery2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE