コンテンツにスキップする

IMFのリプスキー筆頭副専務理事:人民元の弾力性強化は「小さな」

国際通貨基金(IMF)のリ プスキー筆頭副専務理事は中国が人民元の弾力性強化を決定したこ とについて、元が「かなり」過小評価された水準にとどまっている ことから、「小さな」一歩にすぎないとの見方を示した。

リプスキー氏は19日、ロシアのサンクトペテルブルクでブル ームバーグテレビジョンのインタビューに答え、「今回の決定は中 国が危機前に推進していた政策に戻ろうとしている感を与える」と 指摘、「必要な動きのうちの小さな一歩にすぎない」と述べた。

同氏は人民元がどの程度上昇するかは不明だと指摘した上で、 今回の決定は内需拡大につながり、中国国内のインフレを抑制する とともに、商品相場を支えることになるとの見通しを付け加えた。 「この動きは、世界経済の調整と改革の過程で大いに役立つだろう と確信している」とも語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE