コンテンツにスキップする

中国人民銀:元の弾力性を強化-事実上のドル固定廃止示唆

中国人民銀行(中央銀行)は19日、 人民元の弾力性を高めると発表し、カナダ・トロントで26日から開催 される20カ国・地域(G20)首脳会議を前に、約2年間続けてきたド ルに対する元レートの事実上のペッグ制(固定相場制)の終了を示唆 した。

人民銀はウェブサイトでの発表文で、中国経済が改善を示してい るため今回の決定を下したと説明したが、具体的な日程には触れてい ない。また、「大規模な切り上げ」の根拠は存在しないとして、1度の 通貨切り上げを否定。人民元の対ドル相場の1日当たりの現行変動幅 (上下0.5%)を維持した。

オバマ米大統領などG20首脳は中国が輸出促進で、過小評価され た人民元相場に依存しすぎているとこれまで批判しており、人民元の 弾力性強化はこうした批判をかわすのに役立つ可能性がある。

米ゴールドマン・サックス・グループの主任グローバルエコノミ スト、ジム・オニール氏はロシアのサンクトペテルブルクでのブルー ムバーグテレビジョンとのインタビューで、「ガイトナー財務長官にと って新たな小さな勝利だ」と指摘。「これにより米政府・議会の中国バ ッシングがこれまでより非常に困難になる」との見方を示した。米財 務省の為替報告書の提出時期は4月15日だったが、同長官は提出を延 期していた。

ガイトナー長官は中国の決定を称賛するとともに、「積極的な実行 が力強い均衡の取れた世界の経済成長に貢献するだろう」との声明を 発表した。米当局者によると、オバマ政権は中国の発表について、事 前に通告を受けていた。

ブルッキングズ研究所のエコノミスト、エスワール・プラサド氏 (ワシントン在勤)は、中国がG20前に人民元に関して行動すること で、焦点を先進国の財政赤字に移したと指摘。同氏は「中国はこれで、 G20首脳が先進国の債務増大など世界経済の不均衡の主な要因に重点 的に取り組むべきだと議論できる」との見方を示した。

中国当局は、世界的な金融危機による需要減少に輸出業者が対応 できるよう2008年7月以降、元の対ドル相場の上昇を阻止してきた。 元は05年7月にペッグ制が廃止された後3年間で21%上昇していた。

世界銀行は先週の報告書で、人民元がより弾力的になれば金融政 策の決定で自由度が増し、輸入コストの抑制でインフレ圧力が低下す ると指摘していた。人民銀のこれまでのドル買いで、同国の外貨準備 高は2兆4000億ドルに上っている。

人民銀貨幣政策委員の李稲葵氏はインタビューで、「中国は自国経 済が力強く回復し、インフレ圧力が引き続き高まっていることから、 危機に際して導入した為替政策に終止符を打った」と述べ、「人民元の 今後のトレンドはユーロ相場および他の主要通貨の動き次第となる」 と語った。

中国建設銀行の上級アナリスト、趙慶明氏(北京在勤)は「人民 銀の声明は対ドル・ペッグ制廃止を意味している」と説明、「ユーロ相 場がこのまま軟調地合いを継続すれば、元相場は対ドル価値が低下す るかもしれない」と述べた。

----Baizhen Chua, Li Yanping, Judy Chen, Dingming Zhang, Belinda Cao,Bob Chen, Ryan Chilcote, Denis Maternovsky, Rebecca Christie, Sandrine Rastello, Tim Homan and Ian Katz. Editors: Christopher Wellisz, Mark Rohner

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 麗英二 Eiji Toshi +81-3-3201-2421 etoshi@bloomberg.net  Editor: Hitoshi Sugimoto 東京 桧誠司 Masashi Hinoki +81-3-3201-8843 mhinoki@bloomberg.net 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-365 記事に関する記者への問い合わせ先 Judy Chen in Shanghai at +86-21-6104-7047 or Xchen45@bloomberg.net. 記事についてのエディターへの問い合わせ先: Sandy Hendry at +852-2977-6608 or shendry@bloomberg.n

%CNY %USD %JPY %HKD %EUR NI ASIA NI ASIAX NI BON NI BRIC NI CECO NI CEN NI CHECO NI COS NI ECO NI EM NI EUROPE NI FRX NI GBN NI GOV NI JFALL NI JHEAD NI MARKETS NI MMK NI MSCIEMAS NI MSCINAMER NI MSCIWORLD NI NASIA NI STK NI US

##

##

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE