コンテンツにスキップする

ビニ・スマギECB理事:ユーロ離脱は「信ぴょう性ある脅威」でない

欧州中央銀行(ECB)のビ ニ・スマギ理事は、ユーロ加盟国が財政問題を理由にユーロ離脱の危 機にさらされることはないだろうとの見解を示した。

同理事は18日、ブリュッセルで講演し、「これはユーロの基礎 を成す政治的概念と一致せず、結局のところ信ぴょう性のある脅威で はない」と指摘。「一加盟国がユーロから離脱するとか、規模を縮小 する形でユーロ圏が再編されるなどの可能性について一部で声が挙が っているが、極めて有害な影響が出る恐れがあり、誰にとっても利益 にはならないだろう」と語った。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 関根裕之 Hiroyuki Sekine +81-3-3201-7850 hsekine@bloomberg.net Editor:Akiko Kobari 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Jana Randow at +49-69-92041-206 or jrandow@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE