コンテンツにスキップする

ロシア大統領、ルーブルを準備通貨の1つに-ドルの役割低下を

ロシアのメドベージェフ大統領は、 基軸通貨としてのドルの役割低下とモスクワを世界の金融センターに育 てることを目指す姿勢を新たにしており、通貨ルーブルを世界の準備通 貨の一角に加えたい意向だ。

同大統領はサンクトペテルブルクで開かれている「国際経済フォー ラム」で18日講演し、新たな準備通貨を作り出すなどという考えは 「ほんの3-5年前までは、まったく幻想でしかなかった」とした上で、 「われわれは今、それを真剣に議論している」と語った。

メドベージェフ大統領は、中国との間で議論を続けていることを明 らかにするとともに、世界には6種類程度の準備通貨が必要ではないか との考えを示した。

また大統領は「モスクワを金融センターに育てることは、準備通貨 の1つとしてのルーブルの地位向上に大いに役立つことになる」との見 方を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE