コンテンツにスキップする

三井物とアナダーコ、BP原油流出事故で負担に備えを-マーキー議員

三井物産と米石油・天然ガス会社 アナダーコ・ペトロリアムは、メキシコ湾での英BPの原油流出事故に ついて同プロジェクトの権益を持つ提携企業として、関連費用の負担に 備え資金を計上すべきだと、米下院のマーキー議員(民主、マサチュー セッツ州)は指摘した。

マーキー議員は18日、ブルームバーグテレビジョンの番組「ポリ ティカル・キャピタル・ウィズ・アル・ハント」でインタビューに答え、 両社は「復興に向けて設立される基金に貢献」すべきであり、「責任逃 れはできない」と語った。同番組は今週末放映される。

事故が起きたメキシコ湾のプロジェクトはアナダーコが25%、三井 物産が7割出資する三井石油開発が10%、それぞれ権益を持つ。

マーキー議員は、両提携企業は「良い時も悪い時」も投資家である わけで、流出事故の被害に関するコスト負担に備えるべきだと語った。 同油井からは1日当たり最大6万バレルが流出している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE