コンテンツにスキップする

NY金(18日):最高値更新、逃避需要で-終値1258.30ドル

ニューヨーク金先物相場は一時 オンス当たり1263.70ドルを付け、過去最高値を更新した。欧州の 財政危機に加え、米経済見通しの不透明感により代替投資先としての 金に買いが集まった。

金は年初から15%上昇しており、株や債券のパフォーマンスを 上回っている。一方、ユーロは年初から14%下落。世論調査による と、ギリシャでは国民の大半が国が破たんするかもしれないと考えて いる。スペインは7月に247億ユーロの債務償還を迎えるため、ユ ーロ圏からの支援が必要となる可能性がある。

デルタ・グローバル・アドバイザーズの主任エコノミスト、マ イケル・ペント氏は「欧州の問題は米国と同じくらいたちが悪い」と 指摘。「ソブリン債や通貨は信用できない。本当に信頼できるのは金 だけだ」と語った。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 相場8月限は前日比9.60ドル(0.8%)高の1オンス=1258.30 ドルで取引を終了。中心限月の終値としても過去最高を記録した。週 間ベースでは2.3%上昇し、4週連続でプラスとなった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE