コンテンツにスキップする

ハーパー加首相:G20は景気刺激策の「現状維持」を優先事項に

来週の20カ国・地域(G20)首 脳会議を主催するカナダのハーパー首相は、各国首脳にとっての優先 事項は、財政赤字の拡大に留意しながらも、経済刺激策の「現状維持」 を確認すべきであるとの認識を示した。同首相はトロント拠点のG8 リサーチ・グループ発行の調査報告で巻頭の辞を執筆した。

ハーパー首相は、「現時点では現状維持が重要だと確信している が、重要な警告を伴う」と記述。「最近の出来事は、大規模な財政赤 字からの出口戦略を持たない重債務国に対する実際のリスクを浮き 彫りにしている」と続けた。

同首相はまた、G20各国は金融機関の規制強化に向けた取り組 みを進める必要があると指摘した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 大塚 美佳 Mika Otsuka +1-212-617-5823 motsuka3@bloomberg.net Editor: 記事に関する記者への問い合わせ先: Theophilos Argitis in Ottawa at +1-613-667-4803 or targitis@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Paul Badertscher at +1-613-667-4802 or pbadertscher@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE