コンテンツにスキップする

ゴンサレスパラモECB理事:スペイン労働市場改革「なお不十分」

欧州中央銀行(ECB)のゴンサ レスパラモ理事は、スペインの労働市場改革について、十分進展して いないとの認識を示した。

同理事は18日、スペインのマラガで記者団に対し、同国の労働 市場改革は「本来到達すべきところまで進んでいない」と指摘。「非 常に重要な団体交渉の問題に取り組んでいない。これについては今後 数カ月のうちに対応が見られると確信している」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE