コンテンツにスキップする

インド株(終了):8営業日ぶりに下落-リライアンスが売り浴びる

インド株式相場は8営業日ぶりに 下落。時価総額でインド最大の企業、リライアンス・インダストリー ズが売りを浴び、7日以降で最大の下げとなった。

同社のムケシュ・アンバニ会長が会社継承をめぐり5年にわたり 仲たがいしていた実弟アニル・アンバニ氏と公の場で和解するとの観 測があったが、同会長は期待に反して株主総会で単独で演説した。ア ニル氏が経営するリライアンス・インフラストラクチャーも売られ、 1カ月ぶり大幅安となった。

ボンベイ証券取引所のセンセックス指数は前日比45.87ポイン ト(0.3%)安の17570.82で終了。週間ベースでは3%高と、3カ 月余りで最大の値上がり。

リライアンス・インダストリーズ(RIL IN)の終値は1.6%安の

1054.35ルピー。リライアンス・インフラストラクチャー(RELI IN) は3%安の1163.10ルピーで終了。

アンバニ両氏が先月に競争禁止に関する取り決めを破棄し、投資 への制限を取り除いたことから、インド各紙は両氏が和解したとの観 測を強めていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE