コンテンツにスキップする

ECB総裁:公社債購入は時限的性格-金融政策変えていない

欧州中央銀行(ECB)のトリシ ェ総裁は、同中銀の公社債購入は「その性格から言って時限的な措置」 だとし、金融政策姿勢の変更ではないと言明した。

同総裁は18日にモスクワでの講演し、公社債購入について、「金 融政策の動きが広範な経済、さらに最終的には物価全般に正しく浸透 することを確実にするための措置だ」と説明。ECBは「金融政策姿 勢を変更したわけではない。適正だと考える政策金利の現行水準を維 持している」と続けた。

一部ユーロ圏諸国の財政赤字への懸念がそれらの国の国債利回り を上昇させユーロを脅かす中で、ECBは国債購入に踏み切った。ト リシェ総裁は、ECBによる「流通市場での公社債購入によって、財 政規律という基本原則を回避することはできない」とくぎを刺した。 一方で、「ユーロ圏諸国の財政状態は平均的には、大半の先進国に比べ 良好だということも忘れてはならない」と付け加えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE