コンテンツにスキップする

【注目株】ニコン、USEN、フジフーズ、ジーンズ、Minor

21日に株価変動が予想される材料 銘柄は以下の通り。

ニコン(7731):将来の差別化商品に必要となる基盤技術の開発な どを目的に、向こう3年間で2000億円の研究開発投資を実施するほか、 1200億円の設備投資を行う。2012年度を最終年度とする中期経営計画 の目標値は、売上高で1兆1000億円、営業利益で1200億円。

USEN(4842):総合人材サービスを手掛ける子会社のインテリ ジェンスの全株式を投資ファンド「メティス」(東京・千代田区、ビル・ ジャネッツチェック代表取締役)に325億円で売却する。メティスは、 米大手買収ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR) の関連者が運営する投資ファンド。売却予定日は7月下旬。

フジフーズ(2913):MBO(経営陣による企業買収)で株式の非 公開化を目指す。プライベートエクイティ投資を行うヴァリアントフ ァンド傘下のFホールディングスが最大79億円を投じ、1株500円で TOB(株式公開買い付け)を行う計画で、TOBの結果次第でフジ フーズ株は上場廃止となる。

ジーンズメイト(7448):11年2月期の単体当期損失が32億円に 拡大する見通しになった、と17日に発表。前回予想は8億1000万円 の損失。シーズン商品の売れ行きが悪く、既存店売上高は低迷、固定 資産の減損処理や希望退職者募集に伴い特別損失が発生するという。

精工技研(6834):勤続1年以上の正社員60人を対象とした希望 退職者募集に39人が応募、特別退職割増金などで計1億4000万円の 特別損失が発生する予定。

Minoriソリューションズ(3822):情報システムなどを手掛 けていた旧イーウェーヴとの経営統合に伴い、資産・負債の純額が取 得原価を上回ったため、7億2400万円の負ののれんが発生した。これ を特別利益として計上する方針で、11年3月通期の連結純利益予想を 従来の2億8000万円から8億円に引き上げた。前期比では5.9倍。

IGポート(3791):10年5月期の連結純損失は5億2700万円と、 前回予想の2億7000万円から赤字額が拡大したもよう。前の期の実績 は2300万円の黒字。制作を開始していた劇場用アニメーション作品の 制作費の一部売掛債権が回収できていないことや、子会社の事業所移 転などで約2億円の特別損失を計上することが響く。

日本製麻(3306):富山県砺波市のホテル跡地について、同県の食 品小売業者であるアルビス(射水市)に貸与することで17日基本合意 した。本契約はまだのため、業績影響額は契約後に精査する。

トランスジェニック(2342):監査法人トーマツを経て、09年6 月から同社取締役を務めていた福永健司氏(41)が今月24日付で代表 取締役社長兼CFO(財務統括担当)となる。同社創業者の山村研一 氏は代表権を返上、取締役兼CTO(技術統括担当)として研究開発 体制の強化を推進する予定。

マネックスグループ(8698):10年5月の連結経常利益は前年同月 比87%増の10億2900万円だった。月次業績は未監査。

健康ホールディングス(2928):美容関連ジェル「エステナード」 などを手掛ける傘下の健康コーポレーションの5月の売上高(速報) は、前年同月比3.3倍の6億5900万円だった。美顔器が主力のジャパ ンギャルズは同2.7倍の3億4200万円、ヨーグルトやアイスクリーム などを手掛ける弘乳舎は同11%増の1億6800万円だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE