コンテンツにスキップする

米HP元CEOのフィオリーナ氏にIT企業幹部がそっぽ-上院選控え

コンピューター大手の米ヒュー レット・パッカード(HP)の元最高経営責任者(CEO)、カーリ ー・フィオリーナ氏は、11月の中間選挙でカリフォルニア州選出の連 邦上院議員の議席獲得を目指しているが、シリコンバレーのIT(情 報技術)企業幹部の反発に直面している。

先週の共和党予備選挙で勝利したフィオリーナ氏は、1993年か ら現職を務める民主党のバーバラ・ボクサー議員と争う。ボクサー議 員はシスコシステムズのジョン・チェンバース会長兼CEOやオラク ルのラリー・エリソンCEO、ネットフリックスのリード・へーステ ィングスCEOら地元企業幹部から資金面で支援を受けている。

カリフォルニア州知事選に出馬したインターネット競売最大手e ベイのメグ・ホイットマン前CEOがシリコンバレーでの資金集めで 健闘しているのとは対照的に、フィオリーナ氏はハイテク企業幹部か らの支持獲得に苦戦している。共和党支持者として知られるチェンバ ース氏などの幹部からも支援を得られていないのは、フィオリーナ氏 の在任中にHPの株式時価総額が半分に減少したことをめぐる懸念を 映すものとみられ、伝統的に民主党優位の同州で対立候補を打ち破る のは厳しい状況となりそうだ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE