コンテンツにスキップする

中国株(午前):下落、医薬品や消費関連株が安い-保利房地は上昇

18日午前の中国株式市場は下落。 このままいけば上海総合指数は週間ベースで値下がりとなる。薬品 価格の上昇を抑制する中国政府の計画を嫌気して医薬品株が下げた ほか、労働争議に伴いコスト上昇が懸念された消費関連株も安くな った。

哈薬集団(600664 CH)は5.5%安と、年初からの上昇幅を縮小 している。500人を超す従業員がストに入った重慶ビール(600132 CH) は1.7%値下がりした。一方、保利房地産集団(600048 CH)は上昇。 今年の株価下落は行き過ぎとの観測から買われた。

上海坤陽投資管理のファンドマネジャー、戴明氏は「医薬品株 のこれほど高いバリュエーション(株価評価)は正当化されず、マ イナス材料が出れば資金は逃げるだろう」と指摘。「不動産開発や銀 行株は安値に近く、一部のファンドは底値と見てこうした銘柄を買 っている」と語った。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動 する上海総合指数は、現地時間午前11時半(日本時間午後零時半) 現在、前日比13.72ポイント(0.5%)安の2546.53。前日も0.4% 値下がりしている。今週の中国株式市場は14日から16日まで祝日 のため休場。17日の上海市場の売買高は2008年12月31日以来の 低水準だった。

上海、深セン両証取のA株に連動するCSI300指数は前日比

0.4%安の2730.89。

--Zhang Shidong. Editors: Richard Frost, Allen Wan

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 関根裕之 Hiroyuki Sekine +81-3-3201-7850 hsekine@bloomberg.net Editor:Eiji Toshi 記事に関する記者への問い合わせ先: Zhang Shidong in Shanghai at +86-21-6104-7014 or szhang5@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Linus Chua at +65-6212-1530 or lchua@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE