コンテンツにスキップする

新興市場株ファンドへの純資金流入、今年2番目の規模-EPFR

新興市場株式ファンドへの純資金 流入が16日終了週に今年2番目の規模になったことが、調査会社E PFRグローバルのデータで分かった。欧州債務危機の影響への懸念 が和らぎ、投資家のリスクテーク意欲が回復したためとしている。

EPFRが電子メールを通じて発表した資料によれば、新興市場 株式ファンドには25億ドル(約2270億円)が流入した。新興市場 債券ファンドへの流入額は6億5900万ドルだった。

EPFRは発表資料で、「米国の堅調なマクロ経済指標に投資家が より注意を払い始めたことから、新興市場に対するセンチメントは6 月中旬、改善が続いた」と分析。「ユーロ圏の鉱工業生産が勇気づけら れる内容だったこと」も材料になったと指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE