コンテンツにスキップする

米シティグループ、傘下ファンド向けに30億ドル強を調達へ-関係者

いわゆるオルタナティブファンド の銀行による保有・投資を禁じることが米議会で検討される中、米シ ティグループは傘下のプライベートエクイティ(PE、未公開株)フ ァンドやヘッジファンド向けに30億ドル(約2700億円)を超える資 金を調達する計画だ。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

計画が公表されていないことを理由に関係者が匿名で語ったとこ ろでは、約140億ドルの運用に携わるシティ・キャピタル・アドバイ ザーズ(CCA)は今年、PEファンド向けに15億ドル、ヘッジファ ンド向けに7億5000万ドルを集める計画。また、来年もヘッジファン ド向けに10億ドルを追加調達する予定という。

シティグループは自己資金をCCAのファンドに約50億ドル投 じている。広報担当者ダニエル・ロメロアプシロス氏は「金融改革が 最終的にもたらす結果にかかわらず、当行は資産の運用を任せてくれ た顧客の利益の保護と、将来に向けたCCAの基盤の健全性確保を常 に優先する」と述べた。

関係者はシティグループがファンドに出資する主な理由について、 新たな「種」をまき、実績を重ねた上で投資家に売り込むためだと説 明。自己資金を投じることでファンド経営陣に対する信頼感を示し、 投資家を引き付ける狙いがあるとも述べた。

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-8141 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor: Fumihiko Kasahara 記事に関する記者への問い合わせ先: Bradley Keoun in New York at +1-212-617-2310 or bkeoun@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Alec McCabe at +1-212-617-4175 or amccabe@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE