コンテンツにスキップする

ホンダ:ハイブリッド車のすき間市場狙う-米で「CR-Z」8月発売

ハイブリッド車の販売台数でトヨ タ自動車の「プリウス」に及ばないホンダは、米市場に8月投入する クーペ「CR-Z」で戦略を変える。ハイブリッド車でありながら低 価格のスポーツカーというすき間市場を開拓する。

ホンダは、米市場でのCR-Zの年間販売台数目標を1万5000 台としている。最低販売価格は2万ドル(約182万円)を下回る水準 だ。

同社の米販売部門責任者、ジョン・メンデル氏はカリフォルニア 州サンタローザでの9日のインタビューで、プリウスの販売台数と燃 費の良さを目標とするのではなく、CR-Zが2人乗りの「楽しめる」 ハイブリッド車だということをアピールしていく方針を示した。

ホンダの「ホンダ」、「アキュラ」両ブランド車の販売は今年1- 5月に13%増と、業界全体の17%増を下回っている。アジアのライ バル、日産自動車の30%増や韓国のヒュンダイモーターカンパニー (現代自動車)の23%増にも水をあけられている。

排気量1500ccのCR-Zは、オートマチック車に加え、ハイブ リッド車では珍しい6段変速のマニュアル車も発売されるという。メ ンデル氏は、カーナビを備えた最上級モデル「EX」でも小売価格は 2万4000ドルを下回ると話した。

同氏は、需要が年間目標を上回った場合は、供給を拡大するある 程度の余裕はあるとしたものの、詳細については触れなかった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE