コンテンツにスキップする

自見金融相:新生銀に業務改善命令を検討-2期連続の赤字(Update1

自見庄三郎金融・郵政担当相は、2 期連続で1400億円を超える大幅な赤字を計上した公的資金注入行の新生 銀行について、早期健全化法に基づき業務改善命令の発動を検討してい ることを明らかにした。

自見金融相は18日午前の閣議後会見で、業務改善命令をする際には 「役員賞与や経費、給与体制の見直し」などを求める考えを示した。

一方、政府が大株主でもある新生銀の株主総会での対応については 「政府はできるだけ公権力を抑制するというのが資本主義のルールだ」 と述べ、自由経済の原則を踏まえて政府関与は最小限にとどめるべきと の意向を示した。新生銀は23日に本店で株主総会を開催する予定。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE