コンテンツにスキップする

米イリノイ州債の保証コストが過去最高に、スペイン上回る-CMA

17日のクレジット・デフォルト・ スワップ(CDS)市場で、米イリノイ州債の保証コストが上昇し、 過去最高となった。同州が7月1日から始まる新年度に130億ドル (約1兆1800億円)の予算不足に直面していることが背景。

CMAデータビジョンによると、ニューヨーク時間午後1時10 分(日本時間18日午前2時10分)現在、イリノイ州債を保証する 5年物CDSのスプレッドは6ベーシスポイント(bp、1bp=

0.01%)上昇の308.61bpと、地方債の保証コストとしては最大と なっている。またスペイン国債の同コストを66bp上回った。

イリノイ州議会は、財源が約130億ドル不足する259億ドル規 模の暫定的な2011年度歳出案を可決した。また、赤字を埋めるため に37億ドル規模の州債を発行するパット・クイン知事の計画に抵抗 している。州議会は先月、37億ドルの年金や債務45億ドルの支払い 計画を立てないまま予算案を承認し、休会に入った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE