コンテンツにスキップする

英バークレイズ:ロシアで数十人採用へ-主要な投資銀目指し業務拡充

英銀3位のバークレイズは、ロシ アでバンカー数十人を採用する予定だ。ロシアでの責任者、ボブ・フ ォレスマン氏によると、同行は2-3年以内にロシアで主要な投資銀 行になることを目指している。

フォレスマン氏は17日、サンクトペテルブルクでインタビュー に応じ「ブローカー部門だけで100人を超える人員が必要になるだ ろう」と予想。ロシアでは「非常に積極的な戦略」を指揮していると 述べた。同氏はドレスナー・クラインオート・ワッサースタインの現 地部門で会長を務めた経歴を持つ。

世界最大のエネルギー輸出国であるロシアの経済成長率は昨年、 マイナス7.9%と過去最大の落ち込みを示したが、原油や金属相場の 上昇で景気は回復しており、バークレイズは増員を進めている。モス クワを拠点とするトラスト・インベストメント銀行とオランダの金融 サービス最大手、INGグループによると、ロシア企業による国内で の社債発行額は今年、1兆ルーブル(約2兆9000億円)に上る可能 性がある。スイスのUBSは、ロシアでの株式発行額は200億ドル (約1兆8000億円)に達すると予想している。

バークレイズの証券部門、バークレイズ・キャピタルは、1998 年にロシアがデフォルト(債務不履行)に陥って以降初となるユーロ 債発行の際、幹事を務めた4行のうちの1行。ロシア政府は4月に 55億ドル相当を発行した。

バークレイズ・キャピタルは米リーマン・ブラザーズ・ホールデ ィングスの北米部門を買収後、欧州や新興市場の株式事業を拡充して いる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE